パクリ

クイックメニュー

パクリ

パクリとはメモをコピーしあたかも自分の作品のように投稿する行為。丸コピーなどと呼ばれる時もある。広義には全体、または一部のコピーや模写など、狭義には全体のコピーを指す。因みに通報して効果があるのは後者だけである(後述)。

通称、丸コピ。

  

なぜ行うのか

  • パクリをすれば原作の様に評価してもらえると思ったから。
  • 自分で巧く絵を描く能力が無いから。
  • 愉快犯*1

  

定義

うごメモはてな利用規約第7条-5によると

>ユーザーは本サービスにおいて自己が作成、投稿した動画の内容につき、当社の定める方式で、他ユーザーが加筆、改変などを行い本サービスに掲載することおよび本サービスに関連して使用することを無償にて許諾するものとします。

となっている。しかし、これはかなり曖昧で分かり難い定義。当然というか、『なら一ページ挿入したらそれで許されるのか。』という議論が起こり、とある協会メンバーがはてなに問い合わせた結果*2

>丸コピー作品についてですが、うごメモシアターでは、

>基本的に、丸コピー作品は違反に当たるという考えのもとに、

>作品に一切変更を加えずに投稿することをシステム上制限しております。

>また、作品に変更が加えられているものの、作品の主となる内容に変化がない場合

>(速度を変えただけ、作品にコメントを追加しただけなど)も同様に、

>基本的に利用規約違反に当たると考えております。

との返答が戻ってきた為、前述の一ページ挿入は規約違反に当たるという結論が出た。ただし、定義が曖昧すぎて、模写や画面構成、ストーリーなどのパクリについては未だにケースバイケースという状況。はてなに問い合わせてみないと分からないのだ。多分はてなの中でも社員間で相談してる*3だろう。

  

  

また、規約を理解していないユーザー*4は、一部の絵を流用されただけでも「パクられた」等と思ってしまうという問題は、うごメモ初期から指摘されていた。が未だ解決されてはいない。

もしそういったユーザーを見かけた場合には、しっかり説明して、規約を理解してもらう事が重要である。まあ中々スムーズにはいかないが。

  

対処法

パクられた際には、パクられたorz等のメモを出してはいけない。自分のファンや相手を興奮させるとともに混乱させ、余計に事態が悪化する可能性があるからである。またパクリを利用して同情を集めたり、ファンを増やそうなどとは思わないこと。

あくまでも冷静に、対処していただきたい。

一番簡単かつ確実な対処法は投稿時にロックをかけることだが、参加系やいわゆる交換ノートなどにおいては、そもそもロックをしては意味が無い為万能ではない。

また「パクられたくはないけどBGMだけ*5は使って欲しい、丸コピじゃない利用法で使って欲しい」といった思いから敢えてロックをかけないユーザーも目立つ。それなら多少のパクリは我慢していただきたいのだが。

尚、近年ロックを解除する方法が一部のユーザー間で研究され、ロックを外される可能性もじわじわと出てきたが、手法が確実でなくまた普及していないことなど踏まえると、まだまだロックは確実な手段といえよう。

  

注意する、説得する等の方法もあり、効果をあげる事は可能である。ただし確実な手段とは言えないので、注意や説得では効果を挙げられないと感じた場合にはすぐ諦めて通報や問い合わせに切り替えること。

  

通報するという手もあるが定義の項で紹介した問い合わせの返答の続きによると

>しかしながら、親作者がそういった作品の投稿を認めているかどうか、

>親作品に実質的な変更が加えられているかなどの情報を、

>弊社にて確認する事が困難なため、非公開措置などの対応は

>親作者からの通報に限らせていただいております。

ご理解いただきますようお願い申し上げます。

となっており、親作者以外のユーザーの通報はあまり意味がないと思われる。

また、親作者だからと言って通常の通報フォームから通報してもちゃんと確認されるか怪しい為お問い合わせよりメモのURLを添えて「パクられたので対処して欲しい」という旨の内容を送信するのが確実であろう。

最近は親作者のみ通報欄に『作品の複製(丸コピー)』が

追加され通報しやすくなったが、はてなの確認が遅い*6等確実ではない。問い合わせた方が良いだろう。

尚、第三者がパクられているメモを発見した時は、親作者に問い合わせの方法を添えて、パクられていると知らせてあげるべきである。

  

対処しないという対処法も確実である。パクられても気にしない、という事である。パクリが多数発生し、一つ一つに注意や通報を行う事が困難な有名作者はこの方法を利用する事も多い。合言葉は

『私はパクられるほど凄いのだ。見ろ、あんなにパクられている』

こういう考え方が出来る様になると、パクリなど大した問題ではなくなるのかもしれない。

有名作者、無名作者問わずに筆者みたいにそう考えるユーザーも

多い。

  

  

  

パクられているメモを発見した時は、問い合わせの方法を添えてパクられていると知らせてあげるべきである。

*1パクリをして相手の反応を楽しんでいるタイプや単なる嫌がらせ。人気目当てではないところに注意すべきである。またパクリ犯の中でも特に悪質なタイプ。 世間を騒がせて快感を得ることを目的とする犯罪。また、その犯人

*2http://ugomemoheiwa.g.hatena.ne.jp/kaito0620/20100428/1272452718参照。

*3:一人で考えてるのかもしれないが

*4:読めば良いのに

*5:殆どの場合メモ投稿者が作った音楽では無いので別の問題が発生するのだが。

*6:半年以上待っても対応してくれないという報告もある。

* はてなダイアリーキーワード:パクリ